米、UFOに関する報告書を公表 144件の目撃情報も



アメリカの情報機関を統括する国家情報長官室は、目撃情報が相次いでいるUFO=未確認飛行物体に関する報告書を公表しました。

 25日に公表された報告書によりますと、2004年から今年にかけてアメリカ軍のパイロットなどから報告されたUFOの目撃情報は144件にのぼったということです。

 この144件について分析した結果、1件は大きな気球だったということですが、それ以外については実態を解明できていないと結論付けています。そのうえで、144件のうち18件で強風のなか高い高度で静止するなどの異常な動きが示されたほか、航空機に異常接近した事例も11件報告されたとしています。

 報告書はUFOについて、ロシアや中国といった人類が開発した技術である可能性も指摘していますが、宇宙人の乗り物かどうかについては言及がありませんでした。(26日14:16)

#UFO #目撃情報 #アメリカ
#米情報機関 #未確認飛行物体

▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html

▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbs-insiders/

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

source

23 Comments on “米、UFOに関する報告書を公表 144件の目撃情報も”

  1. UFO=宇宙人の乗り物、と思っている人が多いので話がややこしい。 UFOの意味は、(未確認飛行物体)です。 最前線のパイロットは、そりゃあ未確認飛行物体(敵国の戦闘機等)を見るでしょうよ

  2. 殆どが数万年後の未来人。ポータルは地球内にもあるし、地球外からの未来人も来ている。
    ロズウェル事件、レンデルシャムの森事件、セルポ計画などは彼らの存在を示す断片情報。
    核心部分はダン・ブリッシュ博士が暴露した通り。

  3. 宇宙人だとすると、昔から今まで地球上で発見されてるだけで何年も何年も攻撃してこないのがありえない。観察するにしても長過ぎる。
    なので今までに映像やら話やらで出てくるのは十中八九未来の地球人が過去を見に来てるのだろう。

  4. 未確認飛行物体って事は認めたけど宇宙人とは認めてない!

    つまり宇宙人はいる(あれ?)

  5. 地球外生命体が既に地球に来てるか米国以上の科学技術を持った生命体が地球の何処かに潜んでいる可能性が考えられる。

  6. 架空の存在だと
    思われていた危険なものが
    現実になるほど
    怖いものはない

  7. 来年か、三年後位にUFO🛸と宇宙人👽️を公開してくれたら凄く嬉しい。

  8. 誰かが言ってたことだけど、知能に差があり過ぎると理解し合えないんだよな。
    蟻と人間を比べると、蟻からしたら人間は土掘ることも虫を捕まえてくることもできないから眼中にないし、人間からしたら知能も無い蟻なんて眼中にない。お互いに知能が有りながらも互いに理解することが不可能。
    もし発見されてるUFOの技術力を持った宇宙人と会っても互いに理解できない可能性がある。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *